一匹狼の雨やどり

通りすがりのあなたの役に立ちたいブログ

旅ログ

強風ディズニーの注意点と最大限楽しむための対策

投稿日:2018-12-30 更新日:

突然ですが、みなさんは天気予報をチェックする時、どの部分を最も注意して見ますか?

天候、気温、湿度、花粉情報など、いろんな要素がありますが、私が最も注意しているのは風速です。

なぜなら、私は雨の日よりも風の日が嫌いだから!!
自転車は進まないし、洗濯物は飛ぶし、鼻水が出るしでいいことがありません(笑)

さて本記事では、過去に何度か強風ディズニーを経験した筆者から、風の強い日にディズニーに遊びに行く際の注意点を紹介します。

雨の日と違って意外と見落としがちな注意点があるので、ぜひ最後まで読んでください!!

スポンサーリンク

強風のディズニーで予想されること

風の強い日のディズニーリゾートで予想されることについて、詳しく紹介していきます。

なお風速の目安は天候状況によっても変わるので、参考程度にお考えください!

アトラクションが止まる

まずディズニーリゾートには屋外のアトラクションがたくさんありますが、基本的に「ちょっと風が強い」くらいでは止まることはないので安心してください。

では風速何メートルほどの強い風が吹くと、アトラクションが止まってしまうのでしょうか。

目安としては、風速15m以上と考えてください。
天気予報をこまめにチェックして、関東に台風や爆弾低気圧などが近づいている時は特に気をつけましょう!

ディズニーシーのアトラクションは要注意!

さらに詳しく言うと、ディズニーシーでは特に下記のアトラクションが風の影響を受けやすいです。

東京ディズニーシー
・ヴェネツィアン・ゴンドラ
・ディズニーシー・トランジットスチーマーライン

この2つのアトラクションはディズニーシーの海の上を進むアトラクションのため、安全上の理由から強風が吹くと止まる可能性が高いです。

目安として10m以上の強い風が吹くと一時運営休止。
場合によっては、終日運営中止になる可能性もあります。

ショーやパレードが中止になる

雨の日だけでなく、風が強い日でもショーやパレードが中止になることがあります。
いわゆる「風キャン」と呼ばれるものです。

パレードの内容や天候によっても異なりますが、風速の目安は以下の通りです。

風速5m以上:一部内容変更の可能性
風速10m以上:ほぼ中止

また風が強いと夜の花火が中止になることも多いです。
ショーの演出として使われるパイロも同様で、そのほかカイト(凧)が飛ばないなどの変更があることもあります。

雨の日はキャラクターがレインコートを着て登場

余談ですが、雨の日の場合、天候状況によってはキャラクターがレインコートを着てパレードをしてくれることもあります。

さすがにザーザー振りの雨だと厳しいですが、多少の雨だとレインコートを着てがんばってくれます(笑)

ちなみにこのミッキーの写真を撮った日は、朝からしとしと雨が降っていて少し風が吹いているような日でした。

屋内グリーティングのチャンスが増えるかも!

ここまで、風の強い日のディズニーについてちょっと残念な部分ばかり紹介してきましたが、実は嬉しいこともあるんです!

雨や風の影響でショーやパレードが中止になってしまう日は、いつもより屋内キャラクターグリーティングのチャンスが増える傾向があります。

ディズニーランドなら、ワールドバザール。
ディズニーシーなら、マーメイドラグーンの地下が屋内グリーティングスポットです!

雨や風が強くて外を歩くのが疲れたら、雨やどりをしてみましょう。
もしかしたらディズニーキャラクターに会えるかもしれませんよ!

意外と見落としがちな注意点と対策

次に筆者の経験から、意外と忘れがちな風の日ディズニーの注意点を紹介します。

実際に行ってみないとわからなかったことが多々あったので、ぜひこれから行く人は対策とあわせて参考にしてください!

髪型が崩れて写真が盛れない

はい、これ。
女の子にとっては非常に重要なポイントです(真顔)

風の強い日はせっかく早起きしてかわいくしたヘアスタイルも、一瞬の風で吹き飛びます。
写真を撮る時にいちいち髪を払ったりしなくちゃいけないので、プチストレス。

対策としてはニット帽をかぶったり、三つ編みヘアで髪をまとめるのがおすすめですよ!

ディズニー仮装をする時は要注意!

筆者も毎年全身仮装で参加していますが、仮装インの最大の楽しみは写真を撮ることですよね。

しかし風が強いとどうしても思うように写真が取れなかったり、ウィッグや衣装が乱れて大変なことになります。

このマントの羽ばたきよ(笑)
ミュージックビデオ並みの風速でしたね。

特にディズニーハロウィーンが開催される9月〜10月は台風シーズンでもあるので、重ねて注意しておきましょう!

電車が止まって帰れない

これは個人的に最も気をつけてほしいポイントです!!
筆者も過去にあやうく帰れなくなりそうになった経験があるので、声を大にして注意喚起します。

東京ディズニーリゾートの窓口である舞浜駅には、JR武蔵野線とJR京葉線が通っています。この2つの電車は、非常に風に弱いという特徴があります。

夢の国で1日楽しんだ後、駅に着いたら「電車が止まっていた……」なんてことになったら、一気に現実に引き戻されますよね。
ディズニーリゾートの園内では、基本的に電車の運行情報についてのアナウンスはされないので、ここは自己管理する必要があります。

対策として、強風が予想される日にディズニーに行く時は、行きと帰りで電車の運行状態をチェックするのがおすすめです。

最近は電車乗り換え案内のアプリで、電車のリアルタイム運行状況を通知してくれる機能があるので、ディズニーに行く時だけでも武蔵野線や京葉線の通知登録をしておくのがおすすめですよ!

特に電車でディズニーに行くことに慣れてない人や、遠方から遊びに来る人は注意してください!

スポンサーリンク

最新の情報を確認して安全にパークを楽しもう!

本記事では風の強い日にディズニーリゾートに行く際の注意点をまとめました。

雨や風の日は体力を消耗しやすいので、屋内施設でうまく休憩を挟みながら楽しむのがおすすめです。天気予報や電車の運行情報はこまめにチェックしてください。

最後までいい思い出で締めくくるためにも、ぜひ安全面に気をつけて無理のない範囲でパークを楽しみましょう!



スポンサーリンク

stinger336




stinger336




-旅ログ
-,



Copyright© 一匹狼の雨やどり , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.